Momo's Item

桃的商品紹介

NO IMAGE

スポンサーサイト

PENTAXデジタル一眼レフ&猫撮りレンズ

現在はPENTXのK-5Ⅱsメインで、サブはミラーレス機のK-01。 レンズはもちろん、バッテリーも共用なのですごく便利な組み合わせです。 K-01はファインダーがないので背面モニターを見ながらの撮影になるのですが、 これが、狭い室内では結構使いやすい。構図の幅がぐんと広がります。AFも想像以上に優秀で画質も申し分なし。 PENTAXデジイチの良いとこは―― ・全てのレンズで有効なボディー内手ブレ補正機能。 ・魅力的...

NO IMAGE

カメラアクセサリー

PENTAXオートストロボAF360FGZ 室内が暗いときはストロボが必要なときがあります。猫撮影の際は基本的には天井バウンスオンリー。直接フラッシュを当てることはありません。よって首は常に真上を向いているわけですがこのストロボは上下にしか首が動かないため、縦に構えると壁バウンス。これはこれで面白い感じの写真になります。予算に余裕がある方は左右方向にも首が動くAF540FGZがオススメですが、360も結構使えますよ。でも...

健康管理用品

NIPRO 動物用シリンジ 銀に水を飲ませるのに今までは病院でもらった投薬用シリンジ(5ml)を使っていたのですが、何度も水を吸い上げるのが面倒なのでこの10mlのシリンジを購入しました。消耗品なので、安くてメール便で送ってもらえるのが嬉しい。 ソフト・エリザベスカラー 猫に硬くて大きいエリカラをつけさせるのはいかにもかわいそう^^;私は毎回ビニールやシートなどで手作りしますが、こんな商品もあ...

グルーミング用品

フルーツ村の両目グシ 何の変哲も無いスタンダードなペット用両目グシです。うちにあるのは先代から使っているドギーマンのものですが形的にはこれが一番似ている気がします。色々とブラシがあるにも関わらずこれの使用頻度が最も高い。長毛の先代にはほとんで使わなかったので、その猫の毛質によってよく毛がとれるものは変わってくるのでしょう。 フルーツ村のスリッカーブラシ こちらもまた何の変哲もないスリッカ...

トイレ用品

※トイレ関連記事→07/3/25 トフカスサンドK トイレに流せる砂の中ではおそらく一番(`・ω・´) 原材料がおからなので猫が間違って口にしても安心。 ↓の記事を書いて以来、ずっと愛用しています。 関連記事→06/6/25 コロル フード付きネコトイレ 全洗いの時の手間などを考えると、やはり標準的な大きさのシンプルな構造のものが一番使いやすいです。これより大きなサイズのものも出回ってますが、猫の大き...

おもちゃ

猫じゃらし ファンファン 最もスタンダードな猫じゃらし。単純な作りと単純な色合いがなんともいえず、親しみを感じます。我が家にあるのは先代からもう十年近く使っているものです^^;黄色のほうは行方不明。パワフルな猫だと壊してしまうのでしょうが、幸い銀が「じゃらし柄マニア」なのでいまだに現役。 オーガニック キャットニップ トイ まぁ、キャットニップを布でくるんだだけのものなのです。が、数ある...

快適空間グッズ

    3wayタワー 我が家にあるのはこれの前のモデルなので素材やデザインがちょっと違います。新しいほうは、ハンモックとキタローハウスが2個。ハウス部分は取り外せるんでしょうかね。安定性、利便性、共に改良されているみたいです。 関連記事→06/11/8 うさももクーファン 「うさもも」用のクーファンですが猫ベッドにぴったり。 大きさ的には4.8kgの銀がみっちりで、3.7kgのラムが少し余裕、と言っっ...

通常食

■フードについて■  どこのフードがオススメか、と質問されることがあるのですが…ゴメンナサイ、私はその質問には答えられません。  どこのフードであろうがメーカーが言うように「これだけを与えていればそれでOK!」とは、どうしても思えません。そんな万能な食べ物は人間用だって開発されていないのに、動物用であるわけがないだろ…と。その上、あのフードは保存料が…、このフードは○○の成分値が…、原材料の記述が…、企業...

処方食

■猫の下部尿路疾患(F.L.U.T.D)の処方食■ ※猫のF.L.U.T.Dは場合によっては命にかかわります。血尿、頻尿などの症状が現れたときは、まずは早急にお医者さまに診てもらってください。 すでに結石ができてしまった猫には結石溶解用のフードが処方されます。 (ロイカナのスターターやヒルズのs/dなど) それらのフードはお医者さまの指示のもと期間限定でお使いください。 ここで紹介するのは「予防維持食」として長期投与も...

首輪

■首輪について■ 我が家では「もしものときの迷子対策」として猫に普段から電話番号入りの首輪をつけさせています。完全室内飼いの猫が外に出ることがあればそれはなんらかの事故のときであり、もしそうなれば、完全室内飼いだからこそ迷子になる危険性が高い。というわけで、万が一に備えて首輪装着を決めました。 猫は犬と違っていつもゴロゴロしているのでできるだけ軽くて柔らかい素材のものを、と思っています。また、3次元...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。