Momo's Item

桃的商品紹介

PENTAXデジタル一眼レフ&猫撮りレンズ

現在はPENTXのK-5Ⅱsメインで、サブはミラーレス機のK-01。 レンズはもちろん、バッテリーも共用なのですごく便利な組み合わせです。
K-01はファインダーがないので背面モニターを見ながらの撮影になるのですが、 これが、狭い室内では結構使いやすい。構図の幅がぐんと広がります。AFも想像以上に優秀で画質も申し分なし。

PENTAXデジイチの良いとこは――

・全てのレンズで有効なボディー内手ブレ補正機能。
・魅力的なレンズ群。
・リーズナブルな価格設定。
・中級機クラスでも馬鹿デカくない。

上記のどれもが、私にとっては外せないポイントであります。 現像はもっぱらボディ内現像機能を使っています。ペンタはこれが便利で優秀。 PCに落としてから フォトショップエレメンツで画像編集。 ノイズ除去にはフリーソフトのNeat Imageを使っています。
003.jpg

※各作例、Exif保持。クリックで1024pxに拡大表示します

カメラ本体
ペンタックス K-5Ⅱs
現在のメインカメラです。数年前、初めて手にした時のファーストインプレッションは「ぉぉ…シャッキリ♪」です。それまでK-7とK20dを、どちらがメインでどちらがサブかわからない感じで使っていましたが、このカメラが来てからはどちらも出番なしです
標準ズームレンズ
ペンタックス DA18-55mm F3.5-5.6 AL WR
キットレンズの標準ズーム。安くて軽くてコンパクト。くっきりパリっとした感じで写りもいいです。ただし、室内で使うにはちと暗い。昼間窓辺でくつろぐ姿を外の風景と一緒に撮るにはバッチリなのですが、太陽光がないと苦しい感じがします。外で使うには文句なしなので、お出かけ用として欲しいレンズです。(レンタル使用)
2010_02240016.jpg 2010_02240013.jpg
タムロンSP AF 17-50mm F/2.8 (Model A16 II)
2.8通しの明るい標準ズームです。コスパさいこー。室内で猫を撮影するなら、最初の一本としてこれをオススメします。 純正と比べ、色合いが派手で線がやや太いです。開放でも背景があまりボケてくれないのですが、それはそれで使いやすかったりもします。
2009_09140029.jpg 2009_10160019.jpg 2009_09140034.jpg
DA☆16-50mm F2.8ED
純正の大口径標準ズーム。タムロンのA16↑と比べ、ちょいと大きく、ちょいと重く、かな?り高価。絵作りは全く別物。開放ではふんわり繊細で、絞るとシャッキリ。開放が甘いという声をよく耳にしますが、そうでもないです。ピンがきている部分はシャープで、ボケがふわふわ。超広角域でも背景ボケを楽しめるのがgoodです。
2009_07300013.jpg 2010_02080007.jpg 2010_02020082.jpg
標準単焦点レンズ
ペンタックス DA35mm F2.8 Macro Limited
明るい単焦点独特のボケを楽しみたいならDA40のほうが良いと思いますが、でも、なんてったってこれはマクロが楽しめる!35mmなので部分撮りするにはかなり近寄る必要があります。ファインダーを覗きながら寄ると猫が顔を背けるので、部分撮影の際はライブビューがオススメ。極限まで被写体に寄れることがから、使い勝手がすごく良いです。(レンタル使用)
2010_03310082.jpg 2010_03310125.jpg 2010_03150048.jpg
ペンタックス DA 40mmF2.8 Limited
ボケが結構キレイです。以前はFAレンズが安かったのでFA35を買う人が圧倒的に多かったのですが、今の価格ならこちらのほうが良いかなと思います。十分近寄れるし、描写もいい。そして、なんてったって見た目がいい。パンケーキかわゆす~♪です。(レンタル使用)
2010_04110023.jpg 2010_04110079.jpg 2010_04110069.jpg
ペンタックス FA35mm/F2AL
生まれて初めて買ったレンズがコレ。最初の一年はこれ一本で過ごしました。室内撮影に定評のある単焦点レンズで、キレイなボケを楽しめて想像以上に良い仕事をしてくれます。FAレンズは描写やわらかいのが魅力です。
関連記事→07/7/26
2007_08070048_20100406031228.jpg 2007_12250039.jpg 2008_01310092.jpg
ペンタックス FA31mmF1.8Limited
描写の評判がとても高く、「いつかは欲しい…」と思い続けていたレンズです。「いつか」が急にやって来た理由はメーカーの値上げ発表。値上がりしたら一生買えないーっ!!と滑り込みで購入しました。 使用してみると、なるほど。猫の毛のふわふわ感や立体感なんかも驚くほど忠実に、いや、それ以上に表現してくれます。当然のことながら、最初に買ったFA35は全く出番が無くなってしまいました。
2009_07080015.jpg 2009_02050080.jpg 2009_02210029.jpg
望遠単焦点レンズ
ペンタックス FA50mmF1.4
FA35よりもさらに大きなボケを求めて購入しました。このレンズだと、猫の全身が入るくらい引いても、背景がいいあんばいにボケてくれます。人それぞれ好みはあるでしょうが、私はこのレンズのボケがとっっても好きです。
室内で使うにはちょっと長すぎかな、とも思ったのですが全然平気。開放で使うのはちょっとムリ。F2.8くらいがいい感じです。
2008_12080116.jpg 2009_09010066.jpg 2008_11150081.jpg
ペンタックス FA77mmF1.8Limited
上のFA31と全く同じ理由でゲットしたレンズです。
ボケ描写が魅力的なレンズなのですが、ちょっと室内では長すぎる。ちょくちょく使ってはいるものの、つけっぱなしにするのはキツいですね。でも、ボケの美しさを求めて使わずにはいられない感じです。外に持ち出すことも多いです。出かけるときは標準ズームとこの単焦点。
2009_09100063.jpg 2009_10250011.jpg 2009_03230100.jpg
魚眼レンズ
ペンタックス DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED
ギョガーン(゚ω゚ )です。室内では外付けのストロボを使ったほうが撮りやすいです。確かにこれは面白くてクセになるのですが、なんせ部屋が全部写っちゃう。写真に入れたくないものは完全に排除した状態にしておかないとダメですね^^;ズーム側だと歪みも少なく、普通の広角っぽく楽しめます。(レンタル使用)
2009_07010076.jpg 2009_07040012.jpg 2009_07030002.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。